スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさと納税を始めた理由

ふるさと納税については、何年か前から名前を聞いたことがありました。
でも、最初は、正直あまりピンときませんでした。
他の市町村に寄付するってことは、地元に納税する分が減ってしまうんでは?
プラスになる市町村もあれば、逆にマイナスになってしまう市町村もあるんでは?と思っていたからです。

ところがある時、次のような長野県阿南町の記事を見つけました。
阿南町は、1万円の寄付に対して米20kg、3万円の記事に対して60kgも
送付していることで有名です。1万円で7、000円相当のお米のため、
送料や人件費などを入れると、ほぼ利益が出ません。
でも、納税者には人気で、お米を食べた人の評判も良かったとか。
そのため、休耕しようと思っていた農家が、今後も生産を続けようという気になったという
例も多かったそうです。

全国に向けてアピールできて、地元が元気になってるんだなと思いました。
雇用も生まれて、地域の産業を育てることにもなるわけです。
地方自治体の努力や工夫次第で、地域の活性化につながるんですね♪♪♪

節税になってお礼が貰えるだけでなく、地方も応援できるふるさと納税。
我が家も、2014年末から始めることにしました。

次回は、2014年に行った我が家で行ったふるさと納税について、紹介します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MoneyMoneyNote

Author:MoneyMoneyNote
訪問いただき、ありがとうございます(^^♪ 
 
1998年に株式投資を、
2007年に外貨投資を、
2014年にふるさと納税を
始めました。

株式投資を始めて20年。
普段の生活の中で、
伸びしろのある会社を見つけることが楽しみの一つとなっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。